忍者ブログ
  • 2018.04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.06
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/05/28 08:07 】 |
薬とサプリメントの飲み合わせ
薬とサプリメントを一緒に取り入れる場合、留意すべきことは何でしょう。

サプリメントや薬の相性によっては、互いの効果を不必要に高めてしまったり、相殺して消してしまったりします。

疲労回復効果や便秘に効果のあるグレープフルーツは、薬を分解してしまう酵素の働きを抑制してしまいます。

それが原因で、薬の効果が出すぎてしまう場合があります。

グレープフルーツの特性は、生だけでなくサプリメントやジュースにした状態であっても効果がある可能性があります。

ビタミンKを豊富に含む野菜として知られているのが、ブロッコリーやほうれん草などです。

血液凝固防止作用があることが、ビタミンKには知られています。

ワルファリンなどの血液凝固薬を処方されている時に、ビタミンKを多く含む納豆、クロレラやケール入りの青汁を飲んでいると、薬の効果を邪魔してしまう場合があります。
 
病気になり薬を処方された時は、自分がいつも飲んでいるサプリメントの種類や名前などを申告して、お医者様の指示を仰いでください。
 
もし聞くのを忘れてしまった場合は、薬を飲んでいる間はサプリメントを取るのを中止した方が良いでしょう。
 
薬とサプリメントの飲みあわせなので、もしかしたら一緒に飲んでもまったく問題がないという可能性もあります。

薬とサプリメントの相互作用というのは、思わぬ副作用が起こる事もあるので気をつけましょう。
 





【新登場】月収60万円の連続入金ビジネスロト6抽選数字予想システム ロトキング
PR
【2010/04/15 14:37 】 | サプリメント
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>